tabi_cafe’s blog

旅行会社より発信。旅にまつわるJOURNAL

なかなか沖縄へ行けない!

f:id:tabi_cafe:20200722151901j:plain

なかなか終息しない(むしろ感染拡大)covid-19です。blogの更新も滞っておりました。

さて先日からgo to キャンペーンもスタートとなりました。本来ならばcovid-19が収束

した後にスタートするキャンペーンでしたので、複雑な心境です。実際まだキャンペーンの

詳細も不確定のところや曖昧な部分もあり、旅行社としても少し困惑気味です。

ご希望の方はお気軽に当社までお問い合わせ下さいませ。

さて、私の沖縄旅行・・・6月頃をめどに行けるかなと思っていたところ、まだまだ

感染の最前線であることには変わりなく、go to が始まっても未だ行こう!という目処が

たっていません(涙)

7月22日・go to トラベル初日の沖縄の状況を調べてみたところ、例年の夏に比べて

人ではかなり少なく静かな初日となっているようです。

地元の方は「感染が怖い」「コロナが落ち着いてから来て欲しい」という声もあると。

こればかりは正直なお話しだと思います。

あと気になったことは、東京などに比べて、沖縄ではマスクをしていない人(観光客)も

多いようです。

リゾート地の沖縄はついつい気も緩みがちですが、行くからには、首都圏と同じように

マスクの着用、消毒液の利用、咳エチケット、体調管理を万全に、滞在をしなくては

いけないと思います。

また、観光客はおそらく利用する確率が多い「ゆいレール」ですが、首都圏の乗り物と

違い、車両数が2両ととても少なく、時間帯によっては混雑します。

こちらも普段首都圏で利用する公共交通機関と同様にマスクの着用、着いたばかりで

みんなで盛り上がりたい気持ちは分かりますが、そこを少し我慢して会話は控えめに、

混雑しているなと思ったら分散乗車も考えて行動したいですね!

コロナ禍で、国際通りのお店の80店近くが閉店・休業しているということも驚きました。

以前の活気が戻り、地元の方、観光客の双方が安心して楽しめる沖縄が一日も早く戻る

事を願うばかりです。

 

 

 

 

沖縄・梅雨明け宣言!

f:id:tabi_cafe:20200612135636j:plain

今日の嬉しいニュース!沖縄梅雨明けです。平年より11日も早いとのこと・・・

関東地方は今日から梅雨入りでどんよりとしている中、SNSでは沖縄の梅雨明け宣言を

伝える青い空と青い海の写真が多くupされており、早めの夏気分を味わえました。

コロナ禍で観光客はまだ少ないかと思いますが、6月19日より県をまたぐ移動が徐々に

緩和されるようですので、沖縄の観光客も戻ってくるかと思います。

飛行機に搭乗する際はマスク着用、現地到着後も社会的距離や咳エチケット、手洗いなど

ルールを守り沖縄旅行を楽しみたいですね。

同時に本日沖縄の事で気になった記事は

1、首里城有料区域再開

正殿遺構等、沖縄県在住の方に先駆けて一般公開。

次回沖縄に行く頃、見られる体制になっていれば是非見学したいです!

2、慰霊の日式典は従来の平和祈念公園で実施

新型コロナウイルスの影響で実施の可否、開催される場合は場所がどこになるのか

など気になっていたところでしたが、規模を縮小し(200人)祈念公園で実施される

ようです。

去年は慰霊の日の前日(6月22日)に平和祈念公園へ行きました。

デニー知事の平和宣言や児童生徒代表による平和の詩の朗読もあるようですので

当日はweb配信で見ます。

平和祈念公園もコロナ禍が落ち着いたら行く予定です。

 

 

コロナとの共存???

f:id:tabi_cafe:20200529113719j:plain

緊急事態宣言が解除となりましたが、引き続きコロナ対策を模索しながらの生活になり

そうです・・・新しい生活様式とも言われていますが、日々更新されるその生活様式

戸惑いと驚愕するばかりです。

普段の中でのソーシャルディスタンスはcovid-19感染の中で心がけており、現在も進行形

であり、今後も可能な限り続けていきたいと思います。

先日、ライブハウスでの感染拡大防止するための取組が発表されましたが、思わず??と

思ってしまった次第です。

入場制限はありだと思います。興業的には多少残念な結果になってしまうかもしれませんが

完全にやらないよりは良いと思います。

気になった項目が「客等へ大声の発生を控えるよう周知」「客と客との間隔を2m以上」

「ステージと客席との間に十分な距離」

なかなかハードルが高いですね。小さなライブハウスはどのようにすれば対応できるのか?

大声の発生については、遊園地・テーマパークでも同様でディズニーやUSJなどでは

乗り物系アトラクションではマスク着用・絶叫NG!スプラッシュマウンテンの滝壺への

あの瞬間はしーんとなる訳です。飛沫に気をつけなるべく声を発しないと・・・

楽しむべき場所では静かに楽しむ。

コロナとの共存、なかなかハードルが高いということが分かりました😓

 

上の写真は以前行ったfuji rock で撮影した写真です。グリーンステージ!

これが普通の光景だったのに、世界中でフェスが中止・延期となり寂しい限りですね。

さて、今年のfujiはどうなるのでしょうか?

究極のハピネスを求めて

f:id:tabi_cafe:20200512181029j:plain

私はロードムービーが好きです。

大自然の一本道をひたすら走る映像が見たくなり、Netflixで何かないかなと探したところ

究極のハピネスを求めて」というドキュメンタリーが面白そうだったので見始めました。

旅をする二人は映画監督とミュージシャンのカップル。愛犬も!

スクールバスを買い取り、キャンピングカーに大改造をするところから始まります。

完成した車が素敵!ベッドルーム、リビングルーム、キッチン、シャワー、トイレ

全て完備。このバスで旅に出るのかと思うと視聴者までワクワクします。

北米から中南米を走って旅するわけで、思っていた通りの素晴らしい景色が盛り沢山。

その中でも最も感動した風景はバンフとアラスカでした。

あの壮大な景色の中を自分で作ったキャンピングカーで走るのはどんな気分なんだろう?

バンフの自然を前に、主人公のフェリックスが「朝起きてドアを開けたら、山々と森と

川が見える。これこそ幸せだろ。僕らの毎日は日が昇れば起き、日が沈めば眠りにつく」

と言ってます。なかなか出来ない事だけれど憧れますね〜

また、彼らは普段はヴィーガンベジタリアンだけれど、旅先では違う。

「その土地の文化を知るのに食事以上のものはない。だからどこへ行っても現地の食事

にtryしている」ヴィーガンを貫き通さずタコスやシュラスコを頬張るシーンも良いです。

もちろん良い事ばかりではなく国境越えで苦労したり、愛犬の体調が悪くなったりと

トラブルもありますが、全体的に100点満点のロードムービーです。

バッグに流れる曲(歌)はフェリックスのパートナーでミュージシャンであるセリマが

歌っています。アラスカを旅する時は「アラスカ」というタイトルの曲が流れています。

きっと旅をしながら作詞・作曲したのでしょうね。

自粛で旅行を我慢している皆さんにはぴったりのドキュメンタリーだと思います!

 

 

旅行業・観光業と新型コロナウイルス8

f:id:tabi_cafe:20200430181711p:plain

本日、緊急事態宣言が延長されました。5月6日から自粛解除・自由に出かけて下さい。と

なるには絶対に難しいだろうとは思っておりましたが、いざ延長されるとなると・・・

安心する反面、不安も押し寄せてきます。一体いつ終息するのでしょうか。

マスクをつけず安心して出かけられる日はいつになるのでしょうか???

自粛期間中、Netflixをよく見ています。最近見た映画は「コンテイジョン」です。

2011年公開の映画ですが当時は見ておらず、今回たまたまお薦めされていたので見た訳

ですが、今回のcovid-19を予言しているかのようなストーリーでした。

謎の新型ウイルスがパンデミックとなり、あっという間に広がっていきます。

今、まさに世界中の人々に言われている「ドアノブから感染・人とは接触しない・手洗い

・ソーシャールディスタンス」というキーワードが出てきます。

ネタバレになりますのでこれ以上は触れませんが、最後のシーンが衝撃です。

ウイルスって恐ろしい!

まだ見ていない方は是非チェックしてみて下さい。

日本はまだまだ緊急事態宣言の真っ只中ですが、オーストラリア・シドニー

ボンダイビーチでは、28日の朝、海岸のバリケードが5週間ぶりに外され、近隣住民の

サーファー数十人が海に入ったとの事。(近隣住民のみに限られているようです)

まだ段階的な解除のようですが、ボンダイビーチ周辺のビーチも徐々に解除されるよう

です。少し嬉しいニュースですね!

 

旅行業・観光業と新型コロナウイルス7

f:id:tabi_cafe:20200426110429j:plain

本日の気になった記事です

・#沖縄に来ないで SNSで広がる(ソース:琉球新報

沖縄発着路線を運航する国内航空6社によると4月22日時点で61698人の予約が入っている

との事。この数字は実際はキャンセルになっているけど、covid-19の取消・払戻が多く

航空会社も窓口がつながらずまだそのままになっているケースも含まれていると

思います。

それでもやはりこの大型連休で観光目的で沖縄へ行く予定の人がいるのかと思いますが、

ちょっと待って下さい、今一度考えて下さいと言いたいです。

玉城デニー知事も本日のtweetで「残念ですが非常事態宣言の体制で充分なおもてなしは

到底できません。離島を含め医療体制も非常事態です。どうか今の沖縄への旅はキャン

セルして受入可能な時期までお待ち下さい」と発信しています。

私もSNS等で現在の沖縄の情報を収集していましたが、国際通りのお店はほとんど全部と

いっていいほど自粛していてシャッターが降りています。

主要な観光地(美ら海水族館他)、世界遺産はほぼ休館。レストランもやっていない、

宿泊するホテルに至っても休館をしているところが多いです。

きっと沖縄へ今行っても楽しくないです。

covid-19は人が運ぶウイルスです。今ではなく、covid-19が終息したら行きましょう。

私もその時を楽しみにしています。きっとその頃は沖縄の方は歓迎をして私達観光客を

待ってくれていると思います!

 

 

旅行業・観光業と新型コロナウイルス6

f:id:tabi_cafe:20200421115802j:plain

引き続きテレワークを導入中です。

本日気になった記事は下記3点です

・医療従事者に「ホテルで休んで」那覇市が全額補助(ソース:琉球新報

沖縄県那覇市と市医師会、市観光ホテル旅館事業協同組合はcovid-19の対応にあたる

医療従事者が市内のホテルに宿泊する際、市が宿泊費を全額補助すると発表。

期間は4月21日から6月末まで。

このような補助は他の自治体でもやるべきだとの意見が出ていましたが、那覇市は全国初

で対応をスタート!素晴らしいです。他の自治体もこれに続いてほしいですね!

 

・ヴァージンオーストラリア航空・経営破綻

オーストラリア第二位の航空会社であるヴァージンオーストラリア航空はcovid-19の

影響で国際線は全便運休・国内線の9割は減便となった事で経営難に陥り、この程

事実上の経営破綻・破産手続きに入った。

世界中の航空会社が同じような状況(運休・減便)で、また、先が見えない事もあり、

covid-19は航空業界にとても厳しい状況です。早く明るいニュースを聞きたい!

 

JALANA 3年半ぶりに燃油サーチャージがゼロに

6月1日から7月31日発券分までがゼロになるとの事。

この負担がなくなることは旅行者にとって嬉しい!と思いきや、7月31日までとなると

covid-19の関係で海外へ行く人はほぼいないのでは・・・

 

引き続き注視していきます!