tabi_cafe’s blog

旅行会社より発信。旅にまつわるJOURNAL

ひめゆりの塔

f:id:tabi_cafe:20190912212202j:plain

路線バスで無事に到着した「ひめゆりの塔

子供の頃に来ているのに全く記憶がなく、初めて訪れた感覚です。

入り口からすぐのところに「沖縄陸軍病院第三外科壕跡」がありました。

上から見ると思っていたより間口は狭く感じます。柵の前からはよく見る事はでき

ませんが、壕の中から見上げた空はどのような感じだったのだろうか?

戦闘機からの爆撃がひっきりなしに落とされるから、灰色だったのだろうか。

そんな中でも沖縄の綺麗な青空を垣間見る事が出来たのだろうか、、などと

当時に思いを馳せました。

お参りをしてから、平和祈念資料館へ入ります。時間はたっぷりとったのでじっくり

見ることに。

事前に関連書籍をいろいろと読んでいたので、全体的な流れは理解していましたが

展示室に飾られている戦争が始まる前の学徒生の写真は、難関を突破し憧れの学校に

入学をした楽しい学生生活を送る女子学生の姿でした。

一人一人ニックネームがあったり、カメラを向ければ笑顔でポーズをする女子高生達。

そして展示室が戦場へ変わると一変します。

当時の手術で使った器具や洋服、食料調達、兵士達の看護、これが高校生がやっていな

のか、、と愕然としました。

フィルムで生存者のお話を聞ける展示室もありました。

外国からの観光客も多く、皆、静かにじっくりと見ていました。

観光地にもなっていますが、ここは絶対に来るべき場所だと改めて思ったのでした。

 

ひめゆりの塔への道 路線バス編

f:id:tabi_cafe:20190907211555j:plain

8月某日沖縄へ。今回の目的はひめゆりの塔です。前回平和祈念公園へ行った際は時間の

都合上、帰りのバスから入り口を眺めるだけで終わった為、今回は那覇空港到着後に

直行で行きました。もちろん路線バスです。

むしろ空港から直行で行く方が場所的にスムーズにいきます。

那覇空港よりゆいレールに乗車、1駅目の赤嶺駅で下車します。

赤嶺駅のバス停(エスカレーターを降りてすぐ。一つしかないので分かりやすいです)で

89番系統糸満バスターミナル行きを待ちます。1時間に1本ほどの為予め時間を調べて

赤嶺駅へ向かいましょう。(駅前は何もありませんので、、、)

ひめゆりの塔へは直行バスがない為、1回の乗り換えが必要です。

バスの乗り換え案内でルートを調べると、時間にもよりますが乗り換え場所が異なった

場所で表示されます。糸満ロータリーだったり、糸満市場入口だったり、糸満市役所入口

だったりと、、、ガイドブックでは糸満バスターミナルで乗り換えと書いてあるのに、

初めて乗車する観光者には???です。

でもここは素直にナビタイムに従い、糸満市場入口で乗り換えをすることに。

赤嶺駅から20停留所ほどありますので景色を見ながらのんびりと。

いよいよ糸満市場入口に近づいたのでブザーを押して下車。

何もない。閑散としており誰もいません。とりあえず次の乗車場所(道を挟んですぐ前)

に移動します。乗り換え時間が7分ほどしかないので無事に乗り換える事できるかな?

迷わないかな?なんてドキドキしていましたが目の前でした。

f:id:tabi_cafe:20190907214042j:plain

写真の中央のアーケドのようなところが市場の入り口のようです。しばらく先まで誰も

歩いていませんでした。

そして定刻通り乗換のバス到着「82番系統玉泉洞駐車場行き」に乗ります。

ここからは14停留所・16分ほどでひめゆりの塔へ着きました。赤嶺駅より51分です。

乗換場所がいくつか表示されるのは、要するに糸満バスターミナルは終点であり、

そこまで行かなくても2つほど手前の停留所で降りる方が時間短縮できますよ。って事

な訳ですね。市場入り口は乗換場所が目の前にあるので分かりやすいけれど、

ロータリーで乗換をする場合は若干歩くようですし、乗換時間が数分の時で初めてで

あればちょっと焦りそうです。なんせ逃してしまった時には1時間待ちですからね。

結論は乗換案内に手前の停留所が表示されていても、終点の糸満バスターミナルまで行き

そこで次のバスに乗り換えた方が単純明快、初心者にも優しいです!

f:id:tabi_cafe:20190907215215j:plain

なぜなら、ジャーン!糸満バスターミナルでございます。バスターミナルだから何レーン

もあるのかな。バスはすぐに探せるかな?なんて思っていたら、乗車場所は一つでした。

ブルーの可愛いベンチに座っていれば、バスが時間通りにやってきますので行き先を

確認し乗車するだけです。(帰りは糸満バスターミナルで乗換ました)

どうぞ参考にしてみて下さい!

ブラニフ航空

f:id:tabi_cafe:20190825202855j:plain

Netflixマインドハンター・シーズン2の配信開始となったので、1に続き楽しみに

見ているところですが、エピソード5に見逃せないシーンがありました。

ビルがアトランタの空港でチケットを予約する際、手続きをしたカウンターに

「お!!このロゴは!」と大反応をしてしまい、思わず一時停止をし撮影。

私の大好きなBRANIFFではありませんか!!

マインドハンターの時代背景は1970年代なので、まさにBRANIFFのオシャレで斬新

なデザインが際立っていた時です。

ブラニフ航空とは1928年に設立されたアメリカの航空会社です。1982年に運航停止。

当然私は実物を見たことはないですが、かなり前に何かの雑誌でブラニフが特集され

ていて、そのかっこいいデザインに魅了され興味を持ったのでした。

ブラニフといえば「The End of the Plain Plane」というキャッチフレーズです。

さようなら!退屈な飛行機というキャンペーンを展開し、エミリオ・プッチ

アレキサンダー・ジラルドをデザイナーに迎えます。

プッチはCAのユニフォームをデザイン。pucciは現在でも人気がありますが

ブラニフのユニフォームのかっこよさといったら拍手ものです。

そしてジラルドはトータルデザイン担当。機材のボディデザインをはじめ、空港の

ラウンジ、機内デザインからグッズなど。

それはもうオシャレの最高峰といった飛行機でした。

ブラニフ航空で検索するとたくさんの写真がヒットしますので是非見て下さい。

現在も数多くの航空会社がありますが、ブラニフほどセンスの良い楽しい航空会社は

なかったのではないでしょうか。

ブラニフを知ってから、たまたまエキシビジョンがあり見にいきましたが、当時の

グッズやユニフォーム、ラウンジなどを身近に目にし、大興奮したのでした。

レプリカのグッズや模型などを購入し、今も大事に飾っています。

そんなブラニフのカウンターが映像で見られたので、久々にワクワクしました!

ブラニフといえばこの写真の通りオレンジ色ですよね。

忠実に再現されています👍

 

 

 

 

 

ウミカジテラス

f:id:tabi_cafe:20190811191454j:plain

いわゆるインスタ映えスポットとして人気のumikajiテラス。私も行ってみました。

写真の通り天気の良い日は最高!どこもかしこも撮影スポット満載です。

umikajiテラスは那覇空港のすぐそばにあります。名護や本部まで行かなくとも綺麗な

ビーチが見られるスポット。

実際に私も最終日空港に行く前の少しの空き時間を使い行ってきました。

ゆいレール赤嶺駅より無料シャトルバスが運行しているのでレンタカーがなくても

安心です。まずは時間を調べて赤嶺駅へ。

駅前の分かりやすいところにシャトルバス乗り場があります。

定刻時間にバス到着→乗車→10分ほどでumikajiテラスに到着。

大事なポイントは帰りのシャトルバス時間を調べて滞在時間を楽しむ事です。

私は1時間ほどの滞在時間に設定。

シャトルバスは24名乗りで満席になったら次のバスまで待つ事になる為、そのまま空港

へ行く場合は余裕を持った時間設定が必要です。

シャトルバスの停車場所はumikajiテラスの上の方になる為、まずは海を目指して階段で

下に降ります。レストラン・カフェ・洋服・雑貨などなどたくさんのSHOPがあります

この日はとても暑かったので涼を求めて事前に調べていた「瀬長茶屋」へ。

こちらの人気メニューは綿雪。ふわふわのかき氷のような感じです。

「綿雪ぜんざい」をオーダー!ホワイトミルクベースの氷に自家製こだわりぜんざいが

たっぷりトッピングされています♡

涼しい店内席もありますが、やはりここはオーシャンビューのテラス席をチョイス。

海風を浴びながら食べるとより一層美味しかったです。

真上には飛行機がダイナミックに飛んでいるのもまた良いですね〜

こんな感じで1時間足らずの滞在ですが、空港に行く前の時間でも立ち寄る事ができる

観光スポットです。

 

A'LITTLE 仙川店

f:id:tabi_cafe:20190708161146j:plain

チャカショウがOPENして間も無く、チャカショウからすぐそばに何やら工事をして

いるお店が突如お目見え。しかもOPENが数日後に迫っている。

タピオカのお店の早業に驚いております。という事で7月5日にア リトルという名の

新たなタピオカ店が仙川にOPENしました。

チャカショウから30mくらいでしょうか。店内は狭いので、混雑時は店の外まで列が

できますがその際は車の通りに面しているので並んでいる方は要注意です!

ア リトル三昧という沖縄黒糖タピオカ入り、北海道牛乳・宇治抹茶使用 にしました。

サイズはMで氷多め。

氷多めにしてもキンキンに冷えないものなんですね。

氷が半分くらいになっても良いのでもっと冷たい方がいいなと最近好みがわかって

きた気がします。甘さは少なめが良いみたいです(普通だと甘く感じました)。

よって今回のタピオカのミルクフォームはかなり甘さがプラスされてしまった感。

好みの味を見つけるまでは時間を要します。

alittle.jp

stay at ダイワロイネットホテル沖縄県庁前

f:id:tabi_cafe:20190630151637j:plain

ダイワロイネットホテルは全国に展開するホテルチェーンです

どこのダイワロイネットホテルに泊まっても全体的に新しいし、きれいでサービスも

良く評判が良いです。

宿泊代金は安くもなく高くもなく中間くらいでしょうか。

その中間ほどの料金を出すか出さないかによって満足度が大きく変わると思います。

寝るだけだし、1泊だけだし、最安値の料金で泊まれるところでいいかな。

料金は安く抑えてその分現地で美味しいものを食べたり、お買い物をしたりしたい!

確かにその考えもありだと思います。

こればかりは人それぞれだと思いますが、宿泊先の満足度こそ旅に重要な点だと思い

ます。

ここダイワロイネットホテル沖縄県庁前は名前の通り、ゆいレール県庁前駅と目と鼻の

先です。目の前ではありませんは徒歩3分ほど。

ホテルの並び(道路を挟んで前)にはコンビニやレストランもありますし、2分ほど歩

けばデパートリウボウがありますので食事や買い物には困りません。

旭橋駅や県庁前駅をうたっているホテルでも人気のない場所やひとつ路地を入る所に

位置するホテルもあり夜遅くのチェックインの際はここが旭橋なの?と思ってしまう

ほど暗く閑散としている場所もありますが、ダイワロイネットホテル沖縄県庁前はその

ような事がなく安心です。

今回のお部屋はレディースルーム 19㎡です

10階で階層も高く眺めは良いです。那覇市内はホテルや建物が隣接しているのでどこの

ホテルでも眺望は期待できませんが、今まで泊まった中でもここからの眺めは、すぐ

目の前に建物がないというだけでも、一番良かったと思います。

窓に向かってデスクがある為、明るく開放的な空間でPCを使えるのは良かったです。

事前にwebsiteの写真で確認していたお部屋のイメージよりも広く感じました。

客室内は至れり尽くせりのサービスが満載です。

ダイワロイネットホテルレディースルームは女性スタッフが企画されているようで

各ホテル、コンセプトが異なるとの事。

私が宿泊したお部屋は、アメニティ・化粧品・スチーマー(写真左下↓)・フットマッ

サージがあり、その他にお花が飾られていたり、モノクロの素敵な写真(赤瓦の屋根と

シーサー)が飾られているなど、ちょっとした心遣いに嬉しい気分になりました。

f:id:tabi_cafe:20190630162046j:plain

チェックインの際、フロントでドリップコーヒーをお好きなだけとってくださいと

頂けたのも嬉しかったです。3袋ほど頂きました。

精算は自動精算機でできるのもスムーズで良いです!

という事で大満足でした。評判が良いのも分かりますね😊

 

 

樂園CAFE

f:id:tabi_cafe:20190628141131j:plain

今月沖縄へ行った時の朝食は予めリサーチしていたデパートリウボウの2階にある

樂園カフェへ。

宿泊先のホテルから近い事と、朝8時からOPENしているということが良いと思って

決めていました。

オープン直後に行った為、ほぼ一番乗りです。広い店内には大きなテーブルや

個別のテーブルが並でいます。

カウンターで先にオーダーするシステム。

ヴィーガン対応のメニューが多くあるというのがここのお店の売りのようです。

外国からの観光客が多い沖縄ではヴィーガン対応のカフェやレストランがあるのは

とても良いと思います。

東京でもまだまだヴィーガン対応のレストランは少ないですよね。

以前、外国から来る方に聞かれて探すのに苦労しました。渋谷とか表参道ならば

もっとたくさんあってもいいのに、、、と思いました。

私はヴィーガンではありませんので、メニューの中から好みのものを選んでオーダー。

朝食なのでパンケーキがいいかな!と「沖縄雑穀の黒蜜パンケーキ」に。

甘さ控えめのパンケーキは名前の通り、沖縄の雑穀である赤きびを使っているそうで

す。トッピングのクリームはホイップクリームではなくお豆腐ベースのクリームです。

確かにごま豆腐を甘くした感じの味でした。

パンケーキとの相性も良かったです。全体的に甘さ控えめですのでお供の黒蜜を

たっぷりかけて甘さをプラスするのも◎です。

お店はWifi対応していましたが、パスワードを入力しても何故か繋がらず、、、

結局、那覇市のFree Wi-Fiを使いPCを使用していました。

那覇市は主要観光エリアや、国際通りゆいレール、飲食店など市内300ヶ所で

NAHA WiFiが使えるのでiPadやPCを使う時はいつも大変役に立っています。

話は戻りまして、樂園CAFEはゆいレールの県庁駅前に隣接しているので、観光客に

とって使いやすいお店だと思います!

www.resort-dept.okinawa