tabi_cafe’s blog

旅行会社より発信。旅にまつわるJOURNAL

調布市パラアート展2021

先日、「調布市文化会館たづくり」で開催されている

調布市パラアート展2021」に行ってきました。

市内の福祉作業所などで製作された「自主制作作品」とコーディネーターと

福祉作業所が協力して作り上げた「ワークショップ作品」が展示されています。

独創的な作品、色使いがとてもきれいな作品だったり、アーティスティックな

デザインだったりとても見応えがありました。

写真撮影OK、どんどん拡散して下さい!とのことでしたので

気になった作品をいくつか

 

「からだがかってにうごくあやつり人形」

f:id:tabi_cafe:20210901191329j:plain

 

「無題」

f:id:tabi_cafe:20210901191340j:plain

 

「ヘスペロルニトイデス」

f:id:tabi_cafe:20210901191612j:plain

 

他にもたくさんの作品が展示されています。

 

開催日は9月4日(土)までです!

時間 10:00〜18:00

場所 調布市文化会館たづくり 2階南北ギャラリー

料金 無料

池袋東武で沖縄展やっていますよ!

8/11(水)〜8/17(火)まで東武百貨店池袋店・8F催事場で沖縄展開催中です

私もSNSで知り、空いている時間を見計らって行ってみました。

そんなに大規模ではありませんが、満遍なく沖縄の人気食材や、お菓子、

やちむん等のお店が集合していました。

 

具志堅商店さんの「黒糖アガラサー」が実演販売されており、

ふかふかの蒸しパンが何とも美味しそうで一つ購入。

お店の方に最近の沖縄の感染拡大についてご自愛下さいとお話をしたところ

お客さんも気をつけて下さいねと気遣って下さり

とてもあたかい気持ちになりました。

沖縄の話し方がとても懐かしく、早く沖縄へ行きたいと強く思ったのでした。

家に着いてから袋を開けると、まだ温かさが若干残っていた黒糖アガラサーが

お目見え!手のひらより大きいくらいです。(写真撮り忘れ)

食べてみるともちもちで懐かしい味。時々、黒糖のかたまりが入っており

口の中に甘い黒糖が広がります。

うわー!沖縄行きたーーーーい!と思いながら一つ完食しました。

アガラサーは「蒸す」という意味だそうです。

沖縄でも食べたことがなく、今回が初めてでした。

現地でも食べられる機会があれば、具志堅商店さんの黒糖アガラサー食べたいな!

 

沖縄を感じるアイスバー

ブルーシールの公式twitterで知ったこちらのアイス

全国のローソンで購入できると知り、早速地元のローソンへ。

f:id:tabi_cafe:20210805180929j:plain

沖縄ならばどこのコンビニでも簡単に購入することができるブルーシール

アイスですが、東京だとそうもいかず、何店舗かある直営店か沖縄の

アンテナショップに行かないとなかなか購入することができません。

それが、歩いて数分のローソンで購入できるなんて!こんなに嬉しい事はない!

しかも珍しいアイスバー。パッケージもかわいい!!

沖縄県産素材の紅芋と黒糖の2つの味を同時に楽しめちゃう何とも嬉しいアイス。

(コーティングはブルーシールならではのパリパリのチョコ)

いろどりも良いし、一口食べた瞬間に、ああこの感じ、これだよ〜!と一気に

沖縄を思い出してしまう。

まさにコンセプト通り、(コロナ禍でもOKINAWAを感じてほしい。そして農家・

生産者の力になりたい。〜ブルーシール公式サイトより引用〜)沖縄を感じる

アイスになっています。

販売期間は7月27日から無くなり次第終了。数量限定!

我が家では冷凍庫に何本かストックしています。

 

ここ数日、沖縄の感染者数は大変な数字になっています。

沖縄に今行っても観光地やお店は休業しているところが多いようです。

沖縄旅行はもう少しの期間我慢をして、別の方法で沖縄気分を感じましょう。

 

 

 

 

 

stay at NOHGA HOTEL UENO TOKYO

緊急事態宣言がまたまた延長となったところの更新になりますが、

以前宿泊した都内ホテルについてご案内していきたいと思います。

近頃はライフスタイルホテルに興味があり、WEBやSNSでいろいろリサーチ

している中、ここに泊まってみたい!と思ったホテルが、

上野にあるNOHGA HOTELです。

オフシャルサイトを見ると、ライフスタイルホテルのど真ん中。

でも上野?上野にこんなにおしゃれなホテルがあるのか、、、

勉強不足で知らなかった。

さて、当日。

上野といっても駅前などの賑やかな場所ではなく、少し奥まったところに

ホテルはありました。え?こんなところに??といった場所に突如として

モダンなファサードとBistroが見えてきました。

一転、ここは上野なの?と思ってしまうほどの異国の雰囲気も感じられる。

 

f:id:tabi_cafe:20210730202033j:plain

チェックインを済ませ、客室への期待も高まります。

宿泊したお部屋は18㎡のダブルルーム、1人使用。

f:id:tabi_cafe:20210730203013j:plain

狭さは感じられない居心地良い客室。インテリアも配置も洗練されている。

エアウィーヴのベッドはクイーンサイズで1人では広々と使えます。

ベッド横に設置されているタブレットはホテルの周辺情報やお薦めスポットなどを

確認することができます。最近タブレットを設置しているホテルが多いですね。

「◯◯◯様、この度はご宿泊頂き誠に有り難うございます」と、自分の名前も表示され

細やかなおもてなしが嬉しくなります。

洗面台が客室に配置されているパターンは初めてですが、これいいですね!

ベッドの目の前にありますが、デザインも洗練されており部屋に溶け込んでいて

全く違和感ありません。

むしろ、コロナ禍の今、手洗いする回数も多い為便利に感じました。

ドレッサーとして使うにも部屋にある方が便利ですし、窓に面している為、自然光も

入り使いやすいです。大きな鏡も◎

洗面台の下は冷蔵庫や電気ポット、マグカップ、タオル、ドライヤーなどが

まとめられています。

f:id:tabi_cafe:20210730203444j:plain

バスルームについては、今回宿泊のお部屋にはバスタブはなく、シャワーブースのみ

でしたが、レインシャワー付で快適でしたし、トイレもスペースが広くとってあり

使い勝手がとても良かったです。

f:id:tabi_cafe:20210730205913j:plain

水色が美しいチェア一脚と小さなテーブルがありました。

デスク使用ではない為、PCを置き長時間仕事をするには不向きですね。

夜は上野駅で購入したお弁当をこのテーブルで食べました。

大きな窓がありますが、残念ながらお隣のビルと隣接している為、カーテン全開は

厳しいですね。レースのカーテン必須です。

他に良いなと思った点は、

「ホテル内でその地域の文化を感じていただけるよう、地域の職人やデザイナーと

連携したオリジナルプロダクトやアートなどを各所に配置し製作している

ショップや工房をゲストに紹介することで地域の人々と世界の人々を

つなげる役割を担います。」(NOHGA HOTEL UENO オフシャルサイトより抜粋)

https://nohgahotel.com/ueno/aboutus/#collaboration

この説明の通り、客室にはアメニティーボックスやカードキー、靴べら、お茶

など地域のコラボレーションプロダクトがいろいろとありました。

また、オフィシャルサイトやお部屋に置いてあった周辺マップでも

地域情報を数多く発信されているので、興味があるお店に行ってみるのも良いと

思います。すぐそばの佃煮屋さんだったり、レンタサイクルで行ける範囲の

カフェの情報も

https://nohgahotel.com/ueno/neighborhood/

このように、地元と密接に関わり地元を大事にしているホテルなんだなと感じました。

 

ホテル内のロビーギャラリーやダイニング、テラス、ライブラリーもとても素敵。

今回はほぼ客室にいた為、残念ながら利用することができなかったので

次回宿泊の際は館内の施設も楽しみたいです。

とっても素敵なホテルでした!

 

ちなみにNOHGA HOTEL秋葉原にもあります。こちらもまた素敵な雰囲気。

是非行ってみたいホテルです。

 

 

 

 

夏のパッケージ

先日、銀座のわしたショップに行きました。

コロナ禍で沖縄旅行を控えている方が多い中、東京で沖縄を感じられる

わしたショップはいつもに増して賑わっているような気がしました。

銀座のわしたは、那覇国際通り店に負けず劣らずの広さと品揃えの良さ!

久々に沖縄へ行った気分になり店内をチェック!

目に留まったもの3点を購入です。

f:id:tabi_cafe:20210727203650j:plain

このパッケージかわいい!夏使用になっているではありませんか👍

左から「雪塩ちんすこう」

今までとパッケージが違う!夏っぽい!と思いきや、、、

15周年限定パッケージなんですって。

キャッチコピーは「ちょっと大胆に15周年目の夏」

ビキニを着たキュートな雪塩ちんすこうがパラソルの下で日焼け中。

なんともかわいい。このパッケージは今年の9月まで。

箱で買っておこうかな、、、

 

続いて中央。沖縄の老舗飴屋(飴づくり80年!)「竹製菓」の「島の飴・塩飴」

こちらもパッケージのイラストに惹かれて購入しました。

赤瓦の屋根とシーサー、沖縄の青い海と白い砂浜。かわいいな〜

沖縄本島北部・中部・南部・離島、4地域の塩を使用とのこと。388円。

 

そして右。お馴染みの35COFFEE

今までモノトーンのパッケージBOXを購入していたけど、

今回はデザインパッケージがあったので購入。

 

沖縄の雰囲気を少しでも楽しみたいです。

 

下高井戸のたい焼き屋さん

先日、仙川から京王線で下高井戸へ行った時のこと。

駅前のたい焼き屋さんに寄り道。

f:id:tabi_cafe:20210724163946j:plain

「経堂 小倉庵 下高井戸店」のたい焼きです!

以前、駅のホームからちらりと見えた店構えが気になっており、今回行ってみることに。

経堂の人気たい焼き店の二号店だそうです。

小倉餡はもちろんのこと、スイートポテト餡だったり、フルーツ系だったり、

ラムレーズンだったり、変化球のキーマカレーだったり、たい焼きの中身がなかなか

ユニークです。

パリパリの羽付き!この日は日変わり餡のスイートポテトをオーダー。

ほくほくでとても美味しかったです。

(イートインスペースもあるので、夏の時期でも涼しく頂くことができます)

ご馳走さまでした!

 

 

stay at レムプラス銀座

「眠りをデザインするホテル」というコンセプト

コロナ禍で最近良く眠れていないな、、日頃の疲れを撮りたい、、

そんなときにレムホテルはいいかもしれません!

私も良質な睡眠と快適を求めて宿泊してみることに・・・

レムホテルは、日比谷・京橋・秋葉原・六本木にあり、更にアップグレードの

レムプラス銀座と都内に5箇所あります。

今回はレムプラス銀座に宿泊しました。アクセスは銀座駅より徒歩7分・新橋駅からは

徒歩4分ほど。すぐそばにGINZA SIXもあり買い物にも便利。

銀座といってもメインストリートから少し離れている為、ホテル周辺は静かで

落ち着いています。セキュリティもしっかりしていてとても安心です。

f:id:tabi_cafe:20210714100720j:plain

今回の客室です。ダブルルーム18㎡

レムプラスの客室の全てが快適な眠りの為にデザインされているとのこと。

✅ポイント1:全室マッサージチェアーを設置

私の目的もこれでした。滞在中好きなだけ使えるのはとても魅力的。

✅ポイント2:眠りの主役のベッドはシルキーレム

通常の倍以上のポケットコイルがあるオリジナルベッド「シルキーレム」

このベッド、本当に寝心地良くて最高でした。体圧が良い感じに分散されぐっすり

熟睡できました。

更にベッド幅は160cmもあるので一人の利用ではとってもゆったり。

枕も好みに合わせて選ぶことができます。

✅ポイント3:疲れを癒すレインシャワー

バスタブはありませんが、快適なシャワーブースがありました。

TOTOの新機能シャワー「ウォームピラー」が導入されています。頭のてっぺんから

温かいシャワーを浴び疲れがとれました。

(下記写真にはレインシャワー部分は写っていません)

f:id:tabi_cafe:20210714105131j:plain

✅ポイント4:心地よい良い眠りに細かい気遣い

冷蔵庫を開けたら睡眠の質を高めるチョコレートが!!

このようなサービス嬉しいですね。

f:id:tabi_cafe:20210714105507j:plain

 お部屋にはデスクな無しです。

窓際のソファーチェアーの端を椅子として使う小さなデスクスペースがあるので

そこにPCをを置いて仕事をすることができました。

窓に面していて明るい場所ではありますが、今回のお部屋の眺望は隣のビルに隣接して

いた為、残念ながら常時カーテンを全開にすることは厳しいかなといった感じです。

レムホテルのコンセプトは「眠り」の為、基本的には仕事をするより、ゆったり過ごし

たい場所ですね!

f:id:tabi_cafe:20210723192806j:plain

 夕暮れどきは、運動も兼ねて築地を抜け勝鬨橋方面へ。

久しぶりの勝鬨橋は以前よりも建物がたくさん増えた気もするけれど、相変わらず

素敵な景色でした、、、、

f:id:tabi_cafe:20210723200314j:plain

近頃睡眠が足りない、、、と感じた時はまた泊まりに来たいです。